ゆとり大学院生の日常~なんかいいことないかな~

留年と隣り合わせの情報系大学院生の日常。

世界のエリートが行う読書術を学べる『野蛮人の読書術』

読書は割としている方だとは思っていたのですが, 日頃忙しくしているエグゼクティブの方々がどのように読書時間を捻出しているのかを知りたくて 購入しました.

野蛮人の読書術

野蛮人の読書術

著者はハーバード,エールなどの誰もが知る大学の在籍経験があり,東京大学EMPにも参加していたという経歴的には間違いなく一流です.

そんな著者が出会った知の巨人たちの読書術などを紹介しているのが本書になります. 多忙な日々を過ごすエグゼクティブたちは

強い目的意識を持って読書に臨むことが最も大事 であると言っています.

また,「はじめに」「目次」「あとがき」などを丁寧に読み込み,優先順位をつけてその本を読んだり,そもそもその本を読まないという選択をしていることが印象的でした.

また,意外だったのが割と多くの人が 複数の本を同時並行に読んでいる ことです.

読書術には他にも勉強になるものが多く読んでよかったかなと思います.

また著者は

大量の課題図書を投げられる東大EMPの課題図書リストを手に入れただけで東大EMPに来た目的の半分は達成できた

と言っており,その課題図書リストから著者が厳選した50冊が掲載されているのでとても貴重な気がします.

興味のある方は是非読んでみてください. 割と多くの本の紹介があるので参考にしつつ本を読んでいきたいと思います.

広告を非表示にする