読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり大学院生の日常~なんかいいことないかな~

留年と隣り合わせの情報系大学院生の日常。

近況報告~ブログ放置していてすいませんでした・・・~

日常

お久しぶりです,ブログ放置していてすいませんでした・・・

定期テストインターンで日常が埋め尽くされているのに,それらのことをブログに詳細に書くことができないので更新が滞っていたと言い訳しておきます・・・

最近はそれらがようやく落ち着き,ブログ更新に至りました

またお付き合いください!!

さて,最近やっていることといえば,読書は相変わらず継続しています

また最近始めたこととしては,数学の勉強と資格を取得するために資格勉強を始めたことですね

数学は論理的思考力を養うのによいかなと思って,受験時代に購入してほとんどやっていない(おいっ!w)参考書を引っ張り出してやっています

難関大突破数学の底力―Top Grade (Noblesse oblige)

難関大突破数学の底力―Top Grade (Noblesse oblige)

この本は実際の二次試験の問題を思考錯誤しながらどう解くのかを考えながらできるのでオススメです! 割と難しめですが,使っている道具自体は簡単なので思考訓練にちょうどいいような気がします

あとは資格勉強に関しては基本情報技術者試験を受けようと考えています

国家資格なので持ってるといいことあるかなという感じでの受験ですが,なかなか時間かかりそうです・・・ 10月に試験があるのですが,できれば一発で取り切りたいですね・・・

またそのあたりの話は別途書きますかね

それでは!!

結果を残したい人のために・・・変える行動習慣!!

本の書評 日常

最近重めの本を読むことが増えてきたので、休憩がてら読みました。

起業家10000人から見た「結果を残す人」のたった1つの行動習慣

起業家10000人から見た「結果を残す人」のたった1つの行動習慣

ざーっと斜め読みしたので30分程度で読みました。

続きを読む

『イモータル』購入!

本の書評

ご無沙汰しております、留年予備軍です!

今日ふらっと本屋に入って面白そうだった本があったので紹介します!

萩耿介『イモータル』という本なのですが、割と面白い趣旨で書かれています。

イモータル (中公文庫)

イモータル (中公文庫)

あらすじは以下のような感じです

インドで消息を絶った兄が残した「智慧の書」。不思議な力を放つその書に導かれ 自らもインドへと旅立った・・・・・・。ウパニシャッドからショーペンハウアー、そして現代へ。 ムガル帝国の息子や革命期フランスの学者が時空を超えて結実させた哲学の真髄に迫る、壮大な物語。

哲学を小説で描くという趣旨が面白そうでした!

また読んでみて書評なり書いてみたいと思います

ウパニシャッド哲学とか懐かしいですね〜

それでは!

TOEIC新形式問題結果確認しました!得点80点アップ!感想など・・・

TOEIC

2016年5月29日に実施されたTOEIC試験で今回が新形式になって初の試験でした

続きを読む

プロフィール画像変更しました!

日常

ブログ開設当時からプロフィールのアイコンが竜巻だったので,変更しました!

アイコン作成に関しては,以下のサイトを使用しました!

似顔絵ジェネレーター : 似顔絵メーカー

色々選択肢があって作るのが楽しかったです!笑

最初は無難な感じのアイコンにして,飽きたらもうちょっと凝ったアイコンにしたいですね!

amazon本日の日替わりセール松岡修造の『本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント』がおすすめ!

本の書評 日常

本日kindleストアの日替わりセール対象の松岡修造の『本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント』が超おすすめです!

本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)

本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)

松岡修造さんは元テニスプレーヤーで有名ですが,この本を読んで文章がうまく常に論理的に物事を考えているんだと感じました

一流の舞台には身体能力だけではあがれない, 特に日本人は必ずしも身体能力に恵まれているとはいえないのでロジカルに物事を考える必要があるんですね

この本は松岡修造さんが現役時代から試行錯誤してきた大舞台に立つためのメンタリティやリポーターなどをする上で身につけたメンタルを最大まで持っていく方法を自分の経験を基に書いています

松岡修造さんはとてもポジティブな方だと思いますが,ポジティブなだけでなくいかに物事をちゃんと考えて生活しているかの一端を知れるのでとても面白いと思います!

セール対象なのでぜひ読んでみてください!

当時のヒルズ族の実態を知るほぼノンフィクション小説!堀江貴文の『拝金』

本の書評 日常

久しぶりの更新になってしまいましたが,定期的に更新できたら嬉しいですね!

今回は堀江貴文さんの『拝金』を読んだので書評を書きたいと思います

拝金 青春経済小説

拝金 青春経済小説

続きを読む